FC2ブログ
広告
 

国の経済成長が先か自分の生活が先か 雑感

高齢者の年金や医療費が
財政に大きな負担があって、
そこで若い人が色んな意見を出してます。

『国のために高齢者の医療費負担を上げろ』
『参政権を年金者からは剥奪』
かなり過激な話も。


しかし、高齢者の立場では
勘弁してほしい話です。

何故自分の生活に不利益をと。

若い人は若い人で頑張ればいい、
時間はあるでしょう?みたいな。

会社のために自分を
犠牲にしたくない人もいるでしょうし、
国のために自分を
犠牲にしたくない人もいるでしょう。

そもそも死んだ後の国の成長を
自分自身が望む人が
どれだけの数がいるのか?

冷静に考えておかしな論法。

こういうのをみていると、
共和制というか合議制は難しいなと。


人工分布が歪なことは
より多くの害をもたらしますしね。
  広告
 
  




コメントの投稿

非公開コメント

No title

高齢者の多くは孫がかわいいと言うけど、
孫が生きる未来の種もみまで高齢者が食べているという矛盾。

社会保障というか福祉で考えると
低負担、中福祉という今の日本のやり方はもう限界。
負担を増やして今の福祉を維持するか(中負担中福祉)、
負担は変えず福祉を下げるか(低負担低福祉)。
その2つしか選択肢ないのに借金増やして問題先延ばしばかり・・・

名無しさんへ

書き込みありがとうございます。

孫と孫の世代とは
認識に大きな隔たりがあると思います。

孫だけで良ければ
自分が良い方が孫も助けられるので。
(もしくは迷惑かけない。)


福祉と負担のバランスは
今後どうするか考えるべきなのは
同感です。

先送りじゃ解決しないだけに。
広告
登録バーナー
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
最新記事
広告
最新コメント
プロフィール

空投資家

Author:空投資家
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示